どうしても痩せたい方にゼニカル

ゼニカルは、肥満症の方に使用するダイエットピルです。

ゼニカル禁止の症状

以下に使用に適さない人について挙げておきます。
まず、慢性的な吸収困難症候群がある人や胆汁分泌停止ある人は服用することができません。
吸収困難症候群とは先天的、あるいは後天的な理由により、脂肪の消化吸収ができない人のことです。
また、胆汁分泌停止とは胆汁が十分に分泌されない病気のことです。
既に他のページで説明したように、ゼニカルは胆汁に含まれる消化酵素リパーゼを阻害することで脂肪の吸収をカットしますが、こういった病気を持つ人は元々脂肪を上手く消化できないため、
そこにゼニカルを合わせて服用してしまうと生命活動に必要な栄養を得ることができなくなってしまいます。

免疫抑制剤であるシクロスポリンや高脂血症治療薬のアトルバスタチン、心不全治療薬のジゴキシン、血液抗凝固剤のワルファリンなどを服用している人も使用することができません。
これらの薬と一緒に併用してしまうと薬の効果が通常より強く出てしまったり、逆に効果が弱まってしまったりして病気の治療効果がなくなってしまいます。
また、経口避妊薬を日常的に使用している人も服用できません。
妊娠中や授乳中の女性は使用を避けるべきです。
先程も言ったようにゼニカルは比較的安全な薬ですが、妊娠中に服用した時に胎児にどのような影響が出るか、また、妊娠中に服用した成分が母乳にどのような影響を与えるかといったことがまだ実証されていません。
全く問題ない可能性もありますが、安全が確認されるまでは服用を避けるべきでしょう。